法人様へ

拝啓 法人様へ

ご存じの方も多いとは思いますが、タイで会社経営をしていると日本では起こらないトラブルが発生する可能性があります。タイになれていない方の場合は特にだと思いますが、言葉の壁・文化の違い・タイ人の性格・タイと日本での常識の違いなどが原因になる事がほとんどです。

タイ人と仕事をする場合、どれだけ信用が出来るのか?という事が重要です。

・話に嘘やズレがある
・情報の取り扱いが雑な為に漏洩する。または金銭目的で故意に情報を売る
・経費や請求額に不当な水増しや算出根拠が不明な場合がある
・契約後または金額を支払ったのに契約が履行されない

このような事で損害が発生する場合、日本であれば裁判を起こして、支払い命令や差し押さえなどの処置をとることが出来ますが、タイでの裁判では、相手が逃げてしまう事が多くその場合は、自分で相手を探すか、警察などにお金を払って探してもらうなどしなければなりません。

また、見つかった所で差し押さえるようなもの無く、泣き寝入りしてしまうケースがほとんどです。
経営者としては、これらの問題を未然に防ぎたいというのが本音です。

これらの問題の予兆がある場合、ぜひ弊社にご相談下さい。調査を行い事実確認する事によって、被害を未然に防ぐまたは、これ以上の被害を出さないといった結果を生むことになると思います。

現在、タイにオフィスを構えて日本人が運営する探偵社(タイでの法人)は弊社以外に確認できません。
また現在、日本人ベテランスタッフの指導の元、日本人・タイ人の経験豊富な調査員が日々活躍しております。

このような事からもタイで唯一の探偵社と自負しております。
また、日本の探偵社に依頼されても、タイ語やタイの事情に相当精通していない限り、調査の成功率は非常に低くなると言えます。
かつ、渡航・宿泊費・レンタカー代などが掛かり 費用も割高になってしまいます。

御社様の順調なビジネスライフを守る為にも、お困りの事・お手伝いが出来る事がございましたら弊社まで連絡下さい。

敬 具

企業調査の詳細

取引先(法人・個人)の信用調査

1.会社の登記情報の確認
2.財産・資産の確認
3.その他の信用調査

取引先(法人・個人)の信用調査

1.営業職社員の行動監視
2.顧客などの個人情報、企業情報、秘密事項の漏洩の確認
3.社員のスパイ行動、売上金の持ち出し、横領、経費水増しなどの監視
4.社内での言動、勤務態度確認
5.副業実態、社内恋愛などの確認
6.その他(社員として潜入調査要望も賜ります)

メールでのご相談:soudan@thai-tantei.com
お電話でのご相談: (+66) 09-2227-9690 , (+66) 02-101-6911